料理

時短料理の強い味方!圧力鍋が超絶おすすめ

投稿日:2017年3月24日 更新日:

引用:T-FAL

みなさん圧力鍋って使ってますか?
私はいいなーとは思いながらもちょっと怖そうだしめんどくさそうというイメージがあって今まで使ったことがありませんでした。
が、友達からいただいてじゃあ使ってみようじゃないの!と使い始めたらもうドハマり(笑)
1週間に1~2回は圧力鍋が登場します。
なので今回はそんな圧力鍋のメリット・デメリットについてご紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

圧力鍋のメリット


1.調理時間が短縮されるので、ガス代の節約になる
2.野菜や肉が柔らかくなっておいしい
3.柔らかくなって溶ける食材も多いため、苦手な野菜なども食べられるようになる
4.魚も骨が付いた状態で煮込めるので、より栄養価が高い

なんといっても早い!時短は忙しい主婦にはかなりうれしいメリットです。
普段カレーを作るのにじゃがいもがなかなか柔らかくならなくて時間をかけて煮込んでいたのですが、圧力鍋ならほんの数分でホロホロになります。
しかも、火を止めても放置しておけばお鍋の中で火が通るのでその間に別のことができます。
圧力鍋を使い始めてから豚バラブロックを使うことが増えたので、同時に料理のレパートリーも増えてきました。
今では煮込み料理を作る時には必ず圧力鍋を使うようにします。
あと、玉ねぎがすぐにあめ玉ねぎになるので食べやすい!
個人的にはあまり玉ねぎって好きではないんですが、圧力鍋を使うと甘くておいしいのでもっと玉ねぎ入れよう!と思うようになりました。
野菜が嫌いなお子さんがいるお母さんは、野菜を圧力鍋でトロトロに溶かして食べさせてもいいかも。

スポンサーリンク

圧力鍋のデメリット


1.重い
2.場所を取る
3.使い方を間違えると危険

もちろんメリットもあればデメリットもあります。
なんといっても重い!片手で持ち上げるのも一苦労。
そして重いが故に洗うのが大変。
種類によるとは思いますが私が使っている圧力鍋は鍋本体・蓋・蓋についてるパッキン・蒸気を調節する部品の4つを洗う必要があるのでそこそこ手間がかかります。
友人は部品をなくしたからもう使えないー!と嘆いていました…
ティファールなどで買えば部品のみも販売してるかもしれませんが、そうではないお店だったようで。
あとは置き場所ですね。重いため場所がちゃんと確保されていないと厳しいかも。

いざ使ってみた!

私はティファールの圧力鍋をいただいたのでそれを元にレポします。
なんか勝手なイメージですが、圧力鍋って爆発しそうでめっちゃ怖い(笑)
いつもは取説なんてほぼ読まないこの私が、かなり熟読しました。

使用にあたっての注意点

圧力鍋を使うにあたり、もっとも注意すべき点はふたつ!
1.カレールウのようなとろみのある調味料は入れない
2.ちゃんと圧力が下がってから蓋をあける
3.空焚きをしない
4.蒸気が噴き出す出口をふさがない

です。
これさえきちんと守れば大丈夫!と自信を持って言いたいところではありますが、いまだにシューシュー言い始めるとビビります(笑)

調理の流れ

圧力鍋での調理は以下のような流れで行います。

  1. 材料・調味料を鍋に入れて蓋をセット(ちゃんとカチッとはまることを確認してください!)
  2. 火にかける
  3. ピンが上がったら火を弱める
  4. 一定時間加熱したら火を止めてしばし放置(加熱時間はメニューによって異なります)
  5. ピンが下がったら蓋を開ける

です。
大体3の行程あたりでシューシュー言い出します。
肉じゃがを作ることが多いのですが、肉じゃがだと大体4で5~6分加熱することが多いですね。
それでもじゃがいもはホロホロで、玉ねぎはほぼ溶けて甘みが広がります。夫には「安定のおいしさ」とお墨付きをもらっているほどです(笑)
4ですでに火を止めていますが、それでもお鍋の中はグツグツと煮えている状態。
光熱費の節約にもなるし、その間に別のことができるからかなり楽です。
どのくらいでピンが下がるのかは加熱時間にもよって変わります。20分以上加熱してるとだいぶかかるなぁという印象。

圧力鍋使ってみたいけど…と迷っている方がいるならぜひ使ってみよう!と言いたいです。
価格は安いものだと5,000円くらいからあるので、一度トライしてみてくださいね。

ランキング参加してます! 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

-料理
-,

スポンサーリンク

30代子ナシ共働き主婦です。
仕事に家事にと毎日忙しい日々を送りクタクタになっているポンコツ加減なので、これで子どもがいたらどうなってしまうんだろうとワーキングママさんたちを心底尊敬している今日この頃です。
趣味は食べることと寝ることと実家の母に夫の愚痴を言うこと。
このブログでは同世代の働く女性たちが興味・関心の持てる話題を記事にしていきたいと思います。
Twitterはじめました。ごらんください。
Twitter⇒https://twitter.com/dinks_shufu