おすすめアイテム

【ネタバレあり】マンガ『あのなつ。』に夢中。ストーリーと登場人物紹介)

投稿日:2017年8月22日 更新日:

今、『あのなつ。』というマンガにハマっています。最初は特に興味もなく、なんとなーく手に取ってみたのですが読み始めるともう止まらない!早く続きが見たい!と思ってしまうそんな中毒性のある作品なんです。
調べてみると比較的メジャーな作品と比べて情報量が少ないのでじゃあ私が紹介してしまえ!と思い記事にしました。
あらすじや登場人物紹介、さらには最新作のネタバレまで一気にご紹介しちゃいます!
まだ展開知りたくない!という人は【ネタバレあり】という部分を読み飛ばしてご覧ください。

スポンサーリンク

作品紹介

『あのなつ。』は現在4巻まで発売中。
作者はチカさんという方。他にも『これは恋のはなし』や『浅見先生の秘密』という作品を手掛けています。
チカさんのTwitterはこちら。

あらすじ

27歳の男女6人が高校の同窓会で集まるところから物語がスタートします。
事業に成功した人・シングルマザーになった人…思い出話に花を咲かせていた6人。一見盛り上がっているようで、実は6人とも過去の”とある出来事”をずっと引きずり、誰にも言えずに後悔していた。
そんな中、話題は段々と当時の恋愛の話に。「誰が好きだった?」という話で盛り上がっている記憶を最後に、酔っぱらって目が覚めたらなんと10年前にタイムスリップしていた。
それもその場に居合わせた6人が全員タイムスリップ。
高校生の姿で再び再会した6人に、次々と奇妙な内容のメールが届くようになる。

登場人物

たまき
本作の主人公(多分)。27歳の現代では弁護士事務所で秘書をしている。高校時代は優等生で美人のため異性にモテていたが、巧海のことが好きだった。おっとりした真面目性格で敵を作らないタイプ。
巧海
現代ではサラリーマンをしている。リーダーシップがあり、タイムスリップをした17歳の過去でも6人をまとめるリーダー役。異性にもモテていた。実はたまきのことが好きで両想いだったが、優華がついた嘘により結ばれることはなかった。タイムスリップした過去でたまきに告白する。
太一
現代では靴屋で販売員をしている。高校時代ではサッカー少年だったが、足を痛めて再起不能になった。過去に優華と付き合っていたことも。一見明るい性格で優華を大切にしているが、過去にした過ちを今も悔やんでいる。
優華
現代では夫と離婚して一人息子を育てるシングルマザー。息子が何よりの生きがいだと語る。高校時代は巧海のことが好きで嘘をついてしまった過去がある。はっきりと物事を言うタイプで、たまきとは正反対の性格だが仲の良い友達同士。過去に太一と付き合っておりタイムスリップした17歳でも深い関係になる。
庄司
現代ではIT社長になり、派手な生活を送る一方で同級生だった萌と交際している。高校時代では地味で目立たないタイプ。不良にいじめられ、そのことが原因で悲劇が引き起こったことを今でも後悔している。

現代では教師をしている。庄司と同様高校時代は地味で目立たないタイプで、そのまま大人になった。当時は樽丘に思いを寄せていたが、とある行動がきっかけで一連の事件に関与してしまう。おとなしい反面誰にも言えない裏の顔を持つ。
樽丘
唯一タイムスリップをしていない(と思われる)登場人物。文化祭の実行委員として6人と一緒に行動していた。たまきのことが好きで巧海とは仲の良い友達同士だったが、事故に遭い植物状態になってしまったため同窓会には出席していない。

スポンサーリンク

【ネタバレあり】1巻~4巻までのあらすじ

ここでは現在発行されている最新刊の3巻までの展開をご紹介します。
ネタバレが含みますので知りたくない方はここで閲覧を止めてください。

6人は全員がタイムスリップしていたことを知り、困惑する。しかし、17歳の夏祭り当日に交通事故に遭い植物状態になってしまった友人の樽丘の事故前であることを知り、未来を変えて樽丘を救おうと画策し始める。だが優華だけは未来を変えることは息子に会えなくなることだと主張し、6人は微妙な雰囲気に。
そんな中、全員の携帯に知らないアドレスから次々と奇妙な内容のメールが届くようになる。犯人が特定できないまま2度目の17歳の夏を過ごすことになった6人。文化祭の実行委員として樽丘も加えた7人で集まることが多くなる。
現代の同窓会中にかつてお互いが両想いだと知ってしまったたまき巧海。それにたまきに思いを寄せる樽丘も加えた三角関係も少しずつ進展していく。実行委員の集まりで二人から同時に告白されたたまき巧海のことが好きな気持ちと、これから起こる樽丘の悲劇を考えると拒否できない気持ちがうまれ、二人の間で揺れることに。
そんな一方で、だんだんと10年前の樽丘の事故を引き起こした原因が明らかになっていく。事故が起こった夏祭りの当日、庄司はいじめられていた不良グループからたまきを呼び出せと脅されていたため、嘘の集合場所をたまきに伝えていたと告白。そのことが巧海樽丘に伝わり、二人がたまきを探している最中に樽丘は事故に遭い植物状態になったのだった。しかし、秘密を抱えていたのは庄司だけではなかった。
ある日たまきたちが登校する中、屋上から奇妙なメールと同じ文面のビラがばらまかれる。ばらまいた犯人こそメールの送り主であるが、なんとその人物は樽丘樽丘も6人同様タイムスリップしていたのだ。
樽丘は植物状態になったものの耳は正常に機能しており、自分の病室に訪れた人たちの話をすべて記憶していた。その中であの事故の真相を知ったのだった。物語の舞台は樽丘の病室にうつり、次々と皆が自分の過ちを告白していく。
優華巧海のことが好きなあまり、たまきの好きな人は樽丘だと嘘をついてしまったことを告白。
は援助交際をしようと男性とホテルに入るが、怖くて逃げだしてしまったと告白した。そしてその様子を太一に目撃されていた。サッカーができなくなり自暴自棄になっていた太一はそのことをネタに相手の男性から金をゆすり始める。そしてその男性こそが樽丘をひいた加害者だったのだ。
そして親友である巧海は夏祭り当日、本当はたまきの居場所を知っていたと告白した。たまきを自分が助けたい一心で樽丘には嘘の方向に向かうよう指示し、その途中で樽丘は事故に遭った。
皆の懺悔をただ聞いているだけしかできない樽丘は辟易としていた。そして最後のとどめをさしにたまきが病室を訪れる。果たしてたまきの告白とは。

4巻のネタバレ
樽丘の病室にやってきたたまき。告白の内容は、樽丘の気持ちに気づいていたため巧海のことが好きだと言いだせず、「今は好きな人がいない。10年後もしお互い相手がいなかったら一緒になろう」と言ってしまったこと。たまきは曖昧なことを言ってしまったと後悔していた。
頭の中ははっきりしている樽丘は、次々と自分相手に懺悔をしていく元クラスメートたちに憎しみを感じていた。
一方6人は再び現代に戻ってしまう。しかし、物語初めの”現代”ではなく、タイムスリップした自分たちがそのまま大人になった、今までとは違う”現代”だった。
優華太一は結婚しており、一人息子は二人の子どもとして誕生。IT社長だったはずの庄司はフリーターに。地味な教師だったは水商売をする派手な女性になっていた。そして植物状態だった樽丘は元気な姿に。しかし、樽丘をかばって事故にあった巧海は半身不随になり、車いす生活を送っていた。
皆が二つの”現代”の記憶を持つ中、たまきだけは以前の記憶しか思い出すことができない。全員が混乱している中、再び高校生に戻ってしまう。
最初は樽丘が事故に遭い、次は巧海が。果たして今度は誰が犠牲になるのか…疑心暗鬼になる7人。
たまきは過去の後悔から樽丘の力になりたいと話に行くが、そこで樽丘から「では自分と付き合って欲しい」と告げられる。二人がホテルに入るところを巧海が偶然目撃してしまい…。

感想

一見淡い初恋の物語かと思いきや、サスペンス的な要素もあり、読んでいるとかなり引き込まれてしまいます。以前映画化された『僕だけがいない街』もタイムスリップして過去を変えていく話ですが、少しテイストは似ていますね。
元々女性向けのマンガなので絵もさらっとしていてキレイだし、読みやすい。展開も早いのでどんどん読み進めてしまうんですが、まだ4巻までしか出てないんですよねー…。しかも4巻は最近出たばかりなので続きが読めるのはまだ先のようです。もう気になって仕方がない!そのくらいハマる作品です。
内容的にも実写化しやすい題材だし、近々ドラマか映画にでもならないかなーと思っています。誰が演じるかは重要ですが、女性でないと楽しめないという内容でもないので。
タイムスリップものは数々の作品がありますが、何人も同時にタイムスリップするっていうのは意外と今までなかったように感じます。本当に本当に今後の展開が気になる作品。早く続きが読みたい!
基本高校生の話ですが、中身はアラサーなので私でも楽しめました。ぜひ読んでほしい作品です。

ランキング参加してます! 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

-おすすめアイテム
-,

スポンサーリンク

30代子ナシ共働き主婦です。
仕事に家事にと毎日忙しい日々を送りクタクタになっているポンコツ加減なので、これで子どもがいたらどうなってしまうんだろうとワーキングママさんたちを心底尊敬している今日この頃です。
趣味は食べることと寝ることと実家の母に夫の愚痴を言うこと。
このブログでは同世代の働く女性たちが興味・関心の持てる話題を記事にしていきたいと思います。
Twitterはじめました。ごらんください。
Twitter⇒https://twitter.com/dinks_shufu