おすすめアイテム

【解説・あらすじ】マンガ『僕と君の大切な話』がすごくおもしろい

投稿日:

先日、たまたま『僕と君の大切な話』というマンガを読む機会がありました。
特に期待してなく、なんとなーくで手に取った作品だったのですがこれがすごくおもしろい!
是非このおもしろさを伝えたい!と、いうことで紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

作品について

こちらは月刊デザートという雑誌に連載されている作品です。
作者は”ろびこ“さんという方。
『となりの怪物くん』という作品が有名なようで、こちらは映画化も決定したとか。

『僕と君の大切な話』は2017年6月現在で2巻まで発売中です。
今から3巻が楽しみ。

スポンサーリンク

ストーリー

主人公は高校生の相沢のぞみ。
相沢さんは同じ学校の同級生である東くんに片思い中です。
しかし東くんと直接話す勇気もなく、ひたすら後をつけるばかり。
思いが募りに募って相沢さんは東くんに告白しようと決意し、決死の思いを伝えるのだが…

ざっくり言うとこんな感じです。
これだけだとよくある高校生の恋愛モノという印象ですよね。
正直私もそう思って読み始めました。
いや、完全にそうではない、というわけではないのですが、この作品はそれでは終わらない魅力があるんです。
その魅力について、次の章で解説します。

おもしろさのポイント

今作の一番の魅力は何といっても「男女の考え方の違い」をコミカルな会話劇として繰り広げているところです。
それもとてもテンポがよく、かわいらしい絵柄で。
相沢さんの最初のセリフは
「どうして男は闘うのかしら」。(少年漫画の話です)
あぁー確かに。ドラゴンボールにしてもワンピースにしてもスラムダンクにしても、
どれも敵が出てきては倒し、また違う敵が出てきては倒し、の繰り返し。
なんでみんな闘うの?そこに何の意味があるの?それって楽しい?という女性ならではの疑問です。
それに対し東くんは、
「じゃあ少女漫画はなぜ恋愛ばかりなのか」。
これも確かに。まあ数多くは恋愛モノであることは間違いないです。
僭越ながら私が回答すると、女は人の色恋沙汰が好きな生き物である。そして疑似体験でもキュンキュンしたい生き物である。ということ。
こういうちょっとした会話でも「なぜ女はこうなんだ」ということを東くんが嘆いているシーンが多いです(笑)

東くんはクラスの女子に「スマホカバーかわいいでしょ?」と聞かれ、正直に「別に」と答えるとひどいとののしられる。
でもここで嘘をついて「かわいいね」というのは本当の優しさなのか?
偽りの感想を述べることの方が相手にとって不誠実なのではないか?
東くんは真面目すぎる+理論的すぎる+正直者過ぎる性格故にひんしゅくを買うことがあるタイプ。
相沢さんはそれに対して

「相手が喜んでくれたらうれしい」
「嘘をつくのではなく相手を喜ばせたいと思うこと」

といった意見で返します。
とにかく女性の言ったことに共感してほめれば良い、というアドバイスがありますが、それは本当に的確だなと思います。
「今日○○と遊んだ。楽しかったよ」
というLINEにどう返信したら良いのかわからないと嘆く男子たち。
まあこういうのってよく聞くよな~と思う反面、自分もそんなLINE送っちゃってるよなぁと反省しました(笑)
(これは「そうなんだ、よかったね。どこに行ったの?」というような返信が模範解答だと思います。個人的には。)

一応軸になっているのは二人の恋愛模様なのですが、それも進展してるんだかしてないんだか…でもおもしろい。
もはや真髄はそこであってそこでない気がしています(笑)
この作品本当におもしろいです。
表紙を見る限りだとよくある高校生の恋愛モノでしょ?と30代女性は見過ごしてしまいがちですが、ただの恋愛モノではございません!
(もちろん恋愛要素もありますが)
私と同世代の女性でも十分楽しめる作品だと思います
ろびこさんのインタビュー記事を見たところ、元々は1~2ページ程度の短い作品の予定だったとか。
1巻ではほぼ駅のホームが舞台、2巻では学校が舞台になっています。
1巻はあまり登場人物が多くなく、ほぼ二人の会話劇であったのに対し、2巻は学校が舞台なだけあって双方の友達が出てきたりとやや物語が動き始める印象。
これ実写に向いてる作品だと思うんだけどなー。
テレ東さんとかでやってくれないものか。。。
深夜とかでちょこっとやってくれるのが希望。
もっと知りたい方は公式サイトをご覧ください。
1話と2話が試し読みできますよ!

ランキング参加してます! 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

-おすすめアイテム
-,

スポンサーリンク

30代子ナシ共働き主婦です。
仕事に家事にと毎日忙しい日々を送りクタクタになっているポンコツ加減なので、これで子どもがいたらどうなってしまうんだろうとワーキングママさんたちを心底尊敬している今日この頃です。
趣味は食べることと寝ることと実家の母に夫の愚痴を言うこと。
このブログでは同世代の働く女性たちが興味・関心の持てる話題を記事にしていきたいと思います。
Twitterはじめました。ごらんください。
Twitter⇒https://twitter.com/dinks_shufu