旅行

宮古島のリゾートホテル「シギラベイサイドスイート アラマンダ」の宿泊レポート!

投稿日:

先日、宮古島にある「シギラベイサイドスイート アラマンダ」に宿泊してきました!
今回はその内容について詳しくレポートしていきたいと思います。これから行こうかな~と参考にしている方は是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シギラベイサイドスイート アラマンダとは?

詳しいレポートの前にまずは簡単なホテルの紹介から。
シギラベイサイドスイート アラマンダとは、宮古島にあるリゾートホテルです。ホテル周辺をシギラリゾートと言い、ゴルフ場やレストラン、アクティビティの施設やそのほかのホテルなどが集まっています。
アラマンダはいくつかあるホテルの中でも上から2番目にランクが高い(であろう)ホテル。価格で言うと、ですが。
シギラリゾート周辺は本当に何もなく、サトウキビ畑が広がっているんですがリゾート内は打って変わって高級リゾートという雰囲気を醸し出しています。
リゾート内はシャトルバスが走っているので、行き来するにはバスの利用がおすすめ。
ちなみに、チャペルもあるので挙式もできますよ。キレイな海を見ながらの結婚式なんてロマンチックですね!

スポンサーリンク

空港~ホテルまで

シギラリゾート内でずっと過ごすつもりだったので、レンタカーは借りませんでした。そのため、宮古空港からはお迎えのバスを予約。
要予約なので、必要な方は忘れずに連絡しておきましょう。
宮古空港は小さいので、荷物を受け取って出口へ向かうとすぐにバスのスタッフの方が立っています。いろんなレンタカー会社の人もいるのですが、シギラは特設の小さいカウンターがあるので迷わずにたどり着けるはず。
空港からホテルまでは30分かからないくらい。ひたすらさとうきび畑の中を走る感じです(笑)時間は30分かからないくらい。
バスは意外と小さ目なので、同行者の方と隣になれないかもしれません。ちなみに私は夫と前後で座りました。

ホテル到着

ホテルに到着して名前を伝えたらまずはチェックインです。
今回予約したお部屋はプールヴィラロイヤルスイート。お値段的に一番お高いお部屋です…(相当奮発しました。笑)
このお部屋の人は全員なのかは微妙ですが、フロントのある本館ではなくラウンジに通されました。
このラウンジ、写真を撮るの忘れてしまったのですが海が一望できる抜群のロケーション!
着いてすぐにめちゃくちゃテンションあがりました!
どうやらこのラウンジ宿泊客全員が使用できるわけではなく、特定の客室のみ利用可能だそうです。
時間帯にもよりますが、カクテルタイムと称される17:00~20:00であればアルコールも飲み放題。私はこちらでシャンパンを2杯いただきました。
こちらでまずはチェックインの際の説明を受け、いざお部屋へ!

お部屋に到着

お部屋全体

外観はアジアンテイストな石造り?っぽい感じ。重厚そうな門が構えています。
門を抜けるとすぐ右にプールが見えて、階段を少し上がればドアが。
部屋の中は天井が広くて抜群の解放感があります。天井にはファンがまわっていて、さらなるリゾート感を演出していました。
インテリアもアジアンテイスト。ソファはふかふかでした!
ただ、鍵がどうも開けづらいんです。お部屋に入る鍵穴が固いらしく、鍵を入れても中々まわらない。あまりに開かないのでコンシェルジュの方に来ていただいたのですが、その方も結構苦労していました。
ここはどうにかしてほしいポイントかなぁ…部屋に入れないと困るので。

カート

カートはプールヴィラロイヤルスイートの宿泊客であれば無料で使用できます。お部屋に1台専用のカートがついているので、それでリゾート内を移動します。
ただしカートといっても運転免許証が必要なので、免許を持っていない人は残念ながら運転することができません。(運転免許証はチェックインの際に提示します)
時速20キロだったかな?そこそこスピードが出るので乗ってるのも楽しい♪
夫が運転していましたが、最初はずっと「これむずい!運転むずい!」と言っていたものの、段々慣れてきてスムーズに運転できるようになりました。

寝室

こちらが夜用ベッド


こちらがお昼寝用ベッド

夜寝る用のベッドとお昼寝用のベッドがあります。夜寝るベッドはキングサイズ?2人で寝ても寝返りが気兼ねなくできるくらいの大きさ。
王様のベッドによく置いてあるようなクッションもありました(笑)
結構ベッドが変わると寝付けないタイプなのですが、やはり高級なのは違うのでしょうか…秒速で眠りに落ちていました。

お風呂・プール

11月だったので、プールは少し冷たくて長時間入るのはちょっと厳しい水温でした。そして落ち葉が結構落ちていて…。ある程度は仕方がないんですけどね。ちょっとショックでした。
プールに行くドアにシャワーがついていて、その横にはバスタブが。

ただ、バスタブと洗面台の境目にドアがなくて、これどうやって使うのが正解?とかなり悩みました。結局のところ回答はでず…お湯が床にも流れていってしまうのではないかとヒヤヒヤしてしまいました。
ブラインドをあげたら下げ方がわからず、お湯の入れ方もよくわからず…。うーん、普段高級なお部屋に泊まり慣れていないからかもしれませんが、やや不親切で使いづらいという印象。
あ、隣にはサウナがついています!2~3人は入れるかな?というくらいのスペース。サウナ好きな方にはたまらないかも。

その他

お部屋は全体的に清潔で、私にとっては夢のような空間でした。水回りが使いづらいところは置いといて(笑)
電気のスイッチもどこにあるかわかりづらかったかな…。
目の前には建物が何もないので、夜もカーテンを閉めなくてものぞかれる心配はないし、朝は海が一望できてすばらしいロケーションでした!
アメニティも豊富にそろえてもらっていて、タオルもありがたいくらいに多く置いてもらっていました。
結構ホテルってタオルがサイズごとに1枚ずつしかなくて、あんまり濡らしたらダメだなぁとか思いながら使っていたのですがこれはありがたい!

食事

夕食…のはずが

夕飯がついていないプランだったため、リゾート内のレストランへ。
シギラリゾート内には様々なレストランがあるのですが、ブッフェがいいかなぁと思いシャトルバスに乗って向かいました。
すると信じられない展開に!!!
入口で「予約されていますか?」と聞かれたので「予約はしていません」と伝えると、「本日は予約でいっぱいなので…」と。うっそー!!!
なんでここまで驚くかと申しますと、実は私たちチェックインの時にコンシェルジュの方に聞いていたんです。予約できますか?って。
そこでの答えは、「予約がいらないレストランなので、都合の良い時間帯に来店してください」だったのにこの状況。これには夫も私も空いた口がふさがらない。。。
ここからまたアラマンダに戻って別のコンシェルジュの方へ相談。するとひたすら謝られてしまい、別のレストランを予約してくれました。
リゾートにあるレストランて比較的お高めな価格帯が多くて、高いところは空いてるんですが、良心的な価格帯のレストランはうまりがち。
かといってリゾートの外には何もないので、この中で食べるしかなさそうなんです。レンタカーがある人は外に食べに行ってもいいかもしれません。

今度こそ夕飯!

代わりに予約してもらったのは、イタリアンのスターダストガーデン
写真だと絶好のロケーションなのですが、夜なので何も見えず(笑)
ここでパスタとピザ、シャンパンを頼みました。予約時間までラウンジにいてお酒を飲んでいたため結構お腹いっぱいになっていて(笑)、いつもなら結構食べる夫も珍しく小食気味。
でもおかげで二人合わせて5,000円で済みました。これならふつうのレストラン並みの価格かな。
味は…まあ良くも悪くも普通といった感じ。もちろんまずいわけではないですが、かといって特別なおいしさがあるわけでもなく。小さいお子さん連れの方もいたので、ファミリーにいいかもしれませんね。
カートで行ってもよかったのですが、暗いし小雨が降ってきていたのでシャトルバスで。10分くらいで着きました。
シャトルバスの時刻表は常に携帯しておいた方がいいかも。

朝食

朝食はフロントのある本館でブッフェです。
比較的混んでいる時間帯をあらかじめ教えてもらい、その時間帯を避けていったら普通に座れました。
沖縄料理も並んでいて心躍ります…。わくわく。
朝なのであまりがっつりとしたメニューはなく、結構お腹にやさしそうなお惣菜が中心。あぐー豚のせいろ蒸しが一番人気だったのですが、私がとった頃には固くなっていました…。悲しい。
あとはフルーツをそのままジュースにできるコールドプレスジュースの機械が人気でした。私は使い方がわからずあたふた…。
こちらもすごくおいしい!というわけではなかったですが、まあいいかなという感じ。(上から目線で恐縮です…)
朝だからかもしれませんが、あまり派手さはありませんでした。朝からがっつり行きたい人にはちょっと物足りないかな。

シギラ黄金温泉

私は行っていないので、実際に行った夫の感想です。
シギラリゾートにはシギラ黄金温泉という温泉施設があります。これは宿泊客でなくても利用できるスパのようなもので、水着着用エリアもあるのでプールとしても楽しめます。
露天風呂と展望風呂、加えて水着着用のジャングルプールがある施設で入館料は大人1,200円。宿泊客は1,000円で入館が可能。
“日本最南端の温泉”というだけあって期待していったものの…実際の感想は「1,000円出して行くほどじゃなかった」とのことでした。
普通、だそうです。水着着用エリアは楽しそうだったらしく、小さいお子さんがいる方はいいかもしれません。
ちなみにこちらもカートで行けます。

施設

施設は全体的に南国のリゾート風。というか、異国ではないにしろ南にあるリゾートですが(笑)
スタッフの方もアロハっぽい制服着用で、つくづく「宮古島に来たんだなぁ」と実感しました。
インテリアはアジアンリゾートテイストでしょうか。ちょっとバリっぽい感じ。こげ茶!って印象が強いです。(←表現力が陳腐…)
ラウンジに行く途中には広いラグーンがあり、ウミガメが10匹いるそうです。手入れがきちんとされているようで、水は透き通っており、人がいるとウミガメが近くまで寄ってきてくれます。
ウミガメって中々見たことないから新鮮!しかも水族館とかではないので、かなり興奮しました。

そのラグーンに行く手前にはちょっとした滝のようなものがあります。しかもカートでそこを通るので、ディズニーランドみたいでわくわく。
リゾート全体がちょっとしたテーマパークのような雰囲気でした。女性はもちろん、小さいお子さんも喜ぶと思います。
ただしカートはシートベルトもないので少し危険。お父さんかお母さんがしっかり捕まえててあげてください。

カートで通る道も緑がキレイに手入れされていて、お花も咲いています。ビーチに行く途中に偶然うさぎもみかけました!珍しい鳥もいるので、そういったところでも楽しめそう。

まとめ

と、ここまでいろんなポイントについて感想を書き連ねてきましたが、総合的に見てどうだったか?という点もまとめてみたいと思います。

良い点

まずは良かった点から。
なんといっても施設と環境です!宮古島の透き通った海が一望できる環境は本当にすばらしく、プライベートビーチも白い砂浜で感動しました。
お部屋もリゾート感あふれる雰囲気でこれまた非現実的。無理してでも高いお部屋にしてよかったと感じました。
アメニティで置いてあった洗顔フォームもよかったです。あとはカートでの移動はやっぱり楽しかったですね。宮古島ならではの植物もたくさん見られたので。
運転が好きな方はいいかもしれません。

悪い点

そして残念だった点。
前述したとおり、チェックインの際に予約不要と言われたレストランが予約で入れなかったというのにすごく腹が立ちました。予約がいらない=予約できないというわけではなかったようですね。
そのあとに対応してくださったコンシェルジュの方は非常に良くしてくれたので、もちろん人によるとは思いますが。
また、帰りのバスの時間も伝えて予約してもらったはずなのに、フロントでは予約されていないと言われ…その後別の方にもお伝えしたところさらにまた予約されていないと言われ…
他サイトのクチコミを見たところ、同じようなことを投稿している方がいました。スタッフさんの間でうまく連携が取れない仕組みになっているのでしょうか。
あとは食事が思ったより普通。そして宿泊施設が多い割にはレストランが少なく感じました。ここも残念ポイント。

総合して

総合すると、正直二度目はいいかなーと思います。同じ金額出すのであれば他の離島も行けるし、はいむるぶしや星野リゾートも有名ですしね。
シギラは宮古島に他にリゾートがあまりないので、少し強気かもしれません。
ただ砂浜や海など、環境は抜群に良いのでそこを楽しみたい方にはもってこいの場所だと思います。クチコミで★5を付けている人もいますし、たまたま私たちが残念な点に遭遇してしまっただけかもしれないし…
予約される際は色々な口コミサイトもよくご覧になってから決めることをおすすめします。

ランキング参加してます! 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

-旅行
-,

スポンサーリンク

30代子ナシ共働き主婦です。
仕事に家事にと毎日忙しい日々を送りクタクタになっているポンコツ加減なので、これで子どもがいたらどうなってしまうんだろうとワーキングママさんたちを心底尊敬している今日この頃です。
趣味は食べることと寝ることと実家の母に夫の愚痴を言うこと。
このブログでは同世代の働く女性たちが興味・関心の持てる話題を記事にしていきたいと思います。
Twitterはじめました。ごらんください。
Twitter⇒https://twitter.com/dinks_shufu