お役立ち情報

docomoのiPhoneを機種変更したい場合、継続と格安simとどちらがお得か調べてみた

投稿日:

完全なる備忘録です(笑)
私がdocomoのiPhone5Sを使っているのですが、そろそろ端末の調子が悪くなってきたので機種変更したいなーと考えているんですが、格安simが気になってます。
もちろん月額の費用は格安simの方が安いのはわかるのですが、端末ごと変えちゃった場合ってどうなるの?
と思ったので、直接docomoショップに行って聞いてきました!

スポンサーリンク

現在のプラン

こちらが現在のプラン。
もうすでに廃止されてしまった「タイプXiにねん」です。
この基本料金が743円
そしてiPhone用のパケ・ホーダイが5,200円です。ちなみにデータ通信料は7GB
spモード使用料の300円が追加され、税込で6,745円。
ちなみにこれはまだ通話(LINE通話などではなく純粋な電話)をしていない金額のため、
通話をすれば30秒につき20円かかってきます。
2年以上使用しているので、端末の分割払いは終了した金額です。

スポンサーリンク

料金プランの計算が難しい!

docomoでの契約を継続し、端末のみ機種変更した場合、現在のタイプXiにねんは新規契約を終了しているので新しいプランが適用されます。
こちらからシミュレーションできるので、興味のある方は是非やってみることをおすすめします。
ただ、私もやってみたんですけどちょっと難しくて意味がわからない。
本当にこの金額だけがかかるの?割引とかは?とか色々考えてもよくわからなかったので、直接ドコモショップに聞いてみました。
その内容を以下にまとめます。

パケットパックについて

データ容量 データパック シェアパック
2GB 3,500円
5GB 5,000円 6,500円
10GB 9,500円
20GB 6,000円
30GB 8,000円 13,500円
50GB 16,000円
100GB 25,000円

こちらがパケットパックの料金表です。
基本料金の前に、まずはパケットパック、要はパケット通信料の料金プランから説明していきましょう。
現在用意されているパケットパックは大きくわけて2種類あります。
プランにわけて説明していきますね。

シェアパック

こちらは名前の通りシェアパックはデータ通信料を複数の回線でシェアできるという特徴があります。
つまり、ファミリーで使っている人向け、と言い換えてもよさそう。
もちろん仕事などで複数回線を一人で使っている人も該当しますね。
上の表を見ても比較的データ通信料が多めですよね。

データパック

対してデータパックはデータ通信料をシェアせずに単独の回線で使う場合
家族の中で自分だけドコモを使っているような人向けのプランです。
シェアパックは5GBが最少容量に対し、データパックは2GBから選択が可能です。

基本料金について

基本料金 カケホーダイライトプラン カケホーダイプラン シンプルプラン
2年縛りあり 1,700円 2,700円 980円
2年縛りなし 3,200円 4,200円 2,480円

上記が基本料金の各プランごとの料金です。
基本料金は3つ用意されています。

カケホーダイライトプラン

こちらは5分以内の通話なら通話料が一律無料なプランです。
2年縛りありの場合が月額1,700円、なしが3,200円です。結構違いますね…。
ある程度通話はするけど、短めの通話が多い人向け。

カケホーダイプラン

こちらはライトプランと比べて通話時間の制約がないプランです。
つまり1分でも60分でも一律無料。時間無制限なので、たくさん通話する方向け。
2年縛りありの場合月額2,700円、なしが4,200円です。

シンプルプラン

よくCMで宣伝していたので名前だけは聞いたことある、という方も多いのではないでしょうか。
こちらはファミリー間であれば通話料が無料ですが、それ以外の通話には30秒につき20円かかります
以前私が契約していた「タイプXiにねん」と同じですね。
この通話料はドコモ同士であっても他社であっても同じです。
通話料が別途かかるため基本料金は一番オトクで、2年縛りありの場合が月額980円、なしが2,480円です。
ただ一つここで注意すべき点が。
このシンプルプラン、前述したデータパックでシェアパックを選んだ人のみが選択できるプランなんです。
なので、シンプルプランを契約したい場合は必ず家族の中もだれかがドコモ回線でなければなりません。
正確に言えば、ファミリーで複数ドコモ回線を使用することが条件となります。

ずっとドコモ割とフリーコースの違い

新しく設置された割引プラン。
次はこちらについて説明します。
公式HPを見たけど私のようなアホには伝わりづらい(笑)
何回も読んでやっと納得できた気がします。。。
わかりやすいように、こちらも表にしてご説明しますね。

コース ずっとドコモ割 フリーコース
1か月あたりの料金 2,700円 2,700円
解約金 更新期間は不要。
つまり、更新期間以外(途中解約の場合)は要。
不要
パケットパックの割引 あり
(契約期間・データパックのプランによって変動)
なし
更新ありがとうポイント あり なし

ずっとドコモ割

ずっとドコモ割とは、簡単に言うと「長く」「たくさん」使ってくれる人にはたくさん割引するよ」というシステムです。
ではどのくらい安くなるのか?というところが気になるポイントだと思いますが、
こちら↓が各プラン・使用年数ごとの割引額です。

なんか若干見る気が失せてしまいそうなほど細かい…。
私は現在14年ほど使用しているので、「10年以上」に該当しますね。
たとえば5GBのデータMパックを契約した場合、5,000円が600円の割引で4,400円になるといった感じでしょうか。
というか、そうです。
ご自身の契約年数と契約するパケットパックを照らし合わせて見てください。
また、俗にいう2年縛りがあります。この期間中に解約したい場合は、解約金として別途9,500円ほどかかります。
ちなみに更新期間というのは契約満了月の翌月・翌々月を指します。契約満了月は含まれないのでご注意を!

フリーコース

対するフリーコースはいたってシンプル。
こちらは簡単に言うと「いつ辞めてくれてもいいよ。でもその代り割引はしないからね」というシステムです。
月額の料金はずっとドコモ割と代わりませんが、パケットパックの割引や更新ありがとうポイント(後術します)は適用されません。
なのでずーっと2,700円。いつ辞めても解約金の9,500円はかかりません。

更新ありがとうポイント

こちらは、「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」「データプラン」をずっとドコモ割で契約更新した際に3,000ポイントがもらえるという制度です。
つまり、フリープランは対象外。そもそも縛りがないので契約更新という概念もないですね。
ちなみにデータプランとは、通信のみ通話は必要としないプランのため今回は言及しません。
詳しく調べたいという方は以下のリンクをご覧ください。

データプラン(スマホ/タブ) | 料金・割引 | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/charge/new_plan/bill_plan/plan/data_plan/
NTTドコモの基本プラン「データプラン(スマホ/タブ)」をご紹介します。
 www.nttdocomo.co.jp 

月々サポート

月々サポートとは、購入した機種に応じて月々サポートとして一定金額が割引になる制度です。
期間は、購入月の翌月からスタートし、24か月目まで続きます。

iPhoneの割引額は?

割引額は機種によって異なります。
以下、表をご覧ください。

容量 32GB 128GB 256GB
iPhone7 2,322円
iPhone 7 Plus 2,342円 2,349円
iPhone 6s 0円
iPhone 6s Plus 0円
iPhone 6s Plus 0円
iPhone SE 1,485円 1,566円

詳細はこちらをご覧ください。

実際に契約する場合

一人で契約する場合

表にしてご説明できればと思ったのですが、あまりに複雑で断念しました(笑)ごめんなさい。
一人で契約する場合は以下の点にご注意ください。
1.シンプルプランは選択することができない
2.シェアパックは選択することができない

ずっとドコモ割とフリーコースはファミリーでなくてもどちらも選択が可能です。

ファミリーで契約する場合

ファミリーで契約する場合は以下の点にご注意ください。
1.基本料金は何でも選択が可能
2.データパックは選択することができない

では、私が実際に契約する場合はいくらになるの?

冒頭に書きましたが、私が現在使用している端末はiPhone5Sの64GBです。データ通信料は7GB。
スマホの利用状況は以下の通り。

  • 通話はほとんどしない
  • データ通信料は時々制限がかかりそうになることがある(自宅にwi-fiがないので)
  • サイズは小さい方が良い
  • 64GBは余りがちだけど、それより少なくなるのはNG

これを踏まえると、
【利用料金】
基本料金:カケホーダイライトプラン(2年間の定期契約あり)
パケットパック:データMパック(標準)(5GB)
spモード
【端末料金】
24か月分割払い
下取りプログラム
【割引される料金】
月々サポート
ずっとドコモ割:データMパックの10年以上で600円
上記のプランを選択した場合、月々が8,047円(税込)になります。
ちなみに下取りプログラムはお持ちの端末やその破損状態によっても異なります。
上記の金額は、あくまで筆者自身の場合、とお考えください。
自分でシミュレーションしてみたい!という方は以下のリンクを参考にしてください。

んー、いくら端末が新しくなったとはいえ、データ容量が2GBも少なくなったのに1,000円高くなるってどうなの?と思ってしまいます…
もうドコモ辞めちゃおっかなぁと。
次はイオンモバイルに変えた場合をご説明しますね。

では、イオンモバイルに変えた場合はどうするのか?

iPhoneはsimフリー版を自分自身で用意する必要がある

イオンではiPhoneの販売をしていません。
つまり、イオンのsimを使いたい場合はapple storeなどでsimフリー版のiPhoneを用意しなくてはいけません。
(これは私が機種変更をしたいから購入する必要があるためで、機種変更が必要なくただ単にドコモからイオンに変えたい場合はそのままの端末でOKです。)
apple storeで購入する場合は以下をご覧ください。

apple storeでiPhone7を購入する場合の価格を表にしました。

容量 一括払い 24回払い
32GB 72,800円(税別) 3,200円(税別)
128GB 83,800円(税別) 3,700円(税別)
128GB 94,800円(税別) 4,200円(税別)

もちろんドコモの月々サポートのような割引制度は一切なし!

イオンではsimを購入する必要がある

さて、端末は用意しました。
肝心のsimです。
料金体系は単純明快。ドコモのような永年割引やサポートなんちゃらのようなオプションは一切ないため、
自分が使いたいデータ通信量のプランを選択するだけ。
また、私はメインのスマホとして通話もネットもするのでイオンの「音声通話プラン」を選択します。
一番安い「データ通信プラン」は通常の電話は一切行えませんのでご注意を!(LINE通話などは可能)

こちらがイオンの音声通話プランの料金表です。
これだけ。シンプル!
私は今7GBをドコモで契約しているので、データ8GBプランを選択します。
そうすると月額が2,680円(税抜)
え?これだけ?って感じですが、そう。これだけ!
その他にもサポートだとかセキュリティだとかのオプションはありますが、必須ではありません。
ちなみに通話料は30秒につき20円です。これは今のドコモのプランと代わりませんので個人的には問題ナシ。
イオンモバイルには契約期間の縛りはありません。なのでいつでも辞めてOK。
simフリーの端末なので、もっといいプランの格安simがあればそちらに乗り換えるのも簡単です。
気になる方は、ぜひシミュレーションしてみてください。

結局どちらが安いの?

結局どちらが安いのでしょうか?
これはズバリ、イオンに変えた場合の方が圧倒的に安いです。
iPhone7を2年間使った場合、ドコモでかかる費用は
8,047円×12
合計:193,128円
イオンsimに変えて2年間使った場合、かかる費用は
端末代金:83,800円(税別)
イオンsim料金:64,320円(税別)
合計:159,969円(税込)
その差およそ30,000円以上!
これはもう、変えるしかないでしょう…
さっそく今週末にでも行ってくるようにします。
迷っている方がいましたら是非参考にしてみてくださいね。

ランキング参加してます! 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

-お役立ち情報
-

スポンサーリンク

30代子ナシ共働き主婦です。
仕事に家事にと毎日忙しい日々を送りクタクタになっているポンコツ加減なので、これで子どもがいたらどうなってしまうんだろうとワーキングママさんたちを心底尊敬している今日この頃です。
趣味は食べることと寝ることと実家の母に夫の愚痴を言うこと。
このブログでは同世代の働く女性たちが興味・関心の持てる話題を記事にしていきたいと思います。
Twitterはじめました。ごらんください。
Twitter⇒https://twitter.com/dinks_shufu